志英の独り琴 2013年2014年1-2 3-4 5-6 7-8 9-10 11-12→2015年
2014. 2.28 私は予定のない日曜日は主人と一緒に近所のファミレスで
     朝食を摂ることが楽しみですが,最近もうひとつ楽しみが増
     えました。食後にお茶を飲みながら、新聞のサンデー版に載
     るクロスワードパズルを解くことです。
      「カギ」をヒントにタテヨコに交差するマス目に言葉を当
     てはめていくのですが、今まですんなりできたことは一度も
     ありません。大して難しくもないのになか なか思い出せな
     い、思い込みで見当違いの言葉を入 れてたため、隣と繋がら
     ずそれ以上先に進めない。毎回そんな調子ですが、それでも
     二人掛かりで何とか完成させてきました。
      私の年代になると、物事を忘れたり思い出せないことが多
     いのですが、頭のトレーニングと思って毎回やってみようと
     思います。それに曖昧に使っていた日本語を勉強し直す良い
     機会でもありますから。
      そして、これにはもう一つささやかな楽しみがあって、回
     答を投稿すると正解者には抽選で賞品が当るというのです。
     期待せず投稿もしてみようと思います。



2014. 2.26 私の所には時々その道のプロと言われる女性がおみえにな
     ります。
      プロになるには本人の才能はもちろん、親が我が子の才能
     を信じて勉強できる環境を整え、さらにはお金を掛けても一
     流に育て上げるという意識が必要になります。
      ところが本人が女性となると話が違ってきます。
     「そんなにお金を掛けてどうするの。女は嫁に行くから普通
     でいい」と言う親が多いのです。彼女の場合もそうでした。
     「ここまで来るのに随分苦労しました。途中で苦しくなって
     平凡になりたいと何度思ったことか。子供が生まれ将来プロ
     になりたいと言ったら全力で応援できる親でありたいし、そ
     んな理解ある相手と結婚したい」
      プロを育成する体制が整っていない今は親が応援するしか
     ないのです。そして最後まで諦めないことです。プロになる
     女性は絶対に諦めません。そういう性格なのです。だからプ
     ロなのです。



2014. 2. 3 「若夫婦が建売住宅を買うからといって仮契約してしま
     いましたが、いい物件とは思えません。どうしたら良いで
     しょうか」。 50代の奥様からのご相談です。
      道幅の狭い道路奥のどん詰まりの土地で、表鬼門に出入
     口があり、引っ越す方位も良くないのです。
     「家族中で反対しているのに、実家に近いからと息子一人
     が突っ走っています。仮契約したからもう取り消せないと
     言うのです」
     「私の関わっている不動産屋に聞かれてみたら如何です
     か」
     その場で電話して「普通なら未だ止められると思います」
     という答に一安心されました。
     「お金を相当出しているのに、ちっとも聞いてくれないん
     です」
      不動産は大きな買い物です。物件を十分検討し、自分達
     の先々のことまで良く考えて、専門家の意見も聞いてから
     決めることをお勧めしています。



2014. 1. 25 私はいつも傍らに高島暦を置いて仕事をしています。
     先日何気なページをめくっているうちに次の一節が目に
     留まりました。
      大人は(人から尊敬を受ける人)は天地の徳(自然の恵み)
     を素直に受け入れる。善悪を明らかにする。春夏秋冬の変
     わらざる季節移り変わりを知る。
      稲は春に種を撒き、夏にその生長を見て、秋に収穫を得
     るて、冬に備える。それが人と自然の調和である。現在は
     過去になり、未来は現在になる。未来を変えてゆくのは現
     在であり過去である。 (高島易断平成二六年暦から)  
      未来を幸せに生きる為には現在の生き方がとても大切で
     す。仕事も今までの延長でしがちですが、時には初心にか
     えり考え方は間違っていないか、そのアドバイスは的確か
     もう一度見直してみようと思いました。
      皆様のお役に立てる様、今年も精一杯頑張ろうと思いま
     す。



2014. 1. 9 アスペルガーの彼女は普通に状況判断ができません。こ
     のため結婚後もご主人や彼の両親との関係で随分悩んでき
     ました。たまたま、あるきっかけで私と知り合い、定期的
     に私の所へカウンセリングに通うことになりました。  
      それから数年後、彼女は妊娠したことが判り思い悩みま
     した。
      「子供は欲しいけれど、子育てできるでしょうか」
     私はすかさず「大丈夫」と背中を押してあげました。その
     一言で決心がつき、その後女の子を出産しました。
      お母さんになった今、彼女は自らも成長しています。子
     育てしながら、夫婦関係や嫁姑問題、そして子供との関わ
     りなどで大切なことが少しずつ分るようになりました。
      アスペルガーという病気でも、誰かが指導すれば普通に
     結婚して子育てできることを知って欲しいと思います。




2014. 1. 1 新年明けましておめでとうございます。
      今年は 沙中金(さちゅうきん) 甲午(きのえうま) 
     今までのはっきりしない状態から抜け出て、新しい一歩
     を踏み出す意志固めの年です。
     見えていないものが表に現れてきます。
     強い意志を持って進みましょう。

      今年一年の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致し
     ます。





         ←← Homeへ ← 戻る PageTopへ↑  

2010. 1. 11 恋愛の末、結婚にゴールインすることは本当に幸せ