志英の独り琴 2013年2014年1-2 3-4 5-6 7-8 9-10 11-122015年
2014. 4.30 開運館での鑑定は週2回(火、土)サンロード店に出てい
     ましたが、店を替わってみようと思い5月から火曜日を金曜
     日に変えてユニモール店に出ることにしました。
      ユニモールは名古屋駅から桜通の下を地下鉄国際センター
     駅まで東西に結ぶショッピングモール。ユニモール店はその
     真ん中辺りの南通路側にあります。      
      その日は、占いは初めてという何人もお客様との出会いが
     ありました。その一人、彼女は10代の半ばからリュウマチ
     に苦しんできました。幸い素敵な方と巡り合って結婚し、今
     では美容業界の指導的な立場で仕事をされています。「私の
     ように苦しんでいる女性を美しくメイクしてあげたい」。指
     は曲がり、足には人工の骨が入っているそうです。手術痕も
     見せてくださいました。さぞかし、悲しく苦しかったことで
     しょう。
      鑑定が終わり「また来ます」と笑顔で挨拶された彼女を、
     心の強さと優しさを兼ね備えた実に美しい人だと思いました。
     外見ばかりに気をとられ心のメイクを忘れている人に本当の
     美しさを知って欲しいと思います。



2014. 4.20 彼女は60代。夫に愛人が出来て今は別居しています。幸
     い兄夫婦が理解ある方で、亡きお父上から譲り受けた借家に
     住まわせて貰い、色々面倒もみて貰っています。結婚する時
     に分けて貰った財産のお陰で困ることなく普通に生活してい
     けます。
      彼女のご子息はネット関連の会社の一人社長。サラリーマ
     ン時代に培ったIT技術を基に会社を起こしました。何年か
     して仕事が上手く回るようになりましたが、元々都会での一
     人暮らしに向いていない彼。仕事は都会にいなくても出来る
     ため、地元に戻りたいと思い母に相談しました。幸い同じ棟
     続きの借家が空いていて、そこに住んだらという話に落ち着
     きました。
      自然が好きな彼にとって故郷の家族や親戚が優しい人達で
     本当に良かったと思います。皆さんに支えられて業績も順調
     に伸びていくことでしょう。



2014. 3.24 10年前はよく鑑定にみえたのに、ずっとご無沙汰だった
     80代半ばのお婆さんから突然の電話でした。
     「2年前に30になったばかりの子連れの女と結婚した甥の
     ことが心配で夜も寝られない。給料は安いし、他人の子供を
     育てるのも大変だ」
     「甥御さんから何か相談されたのですか」
     「いえ。先生から聞いた話を電話してやろうと思って」
     「甥御さんは53歳。子供ではありません。亡くなったご兄
     弟に代わって心配される気持ちはわかりますが、それよりも
     自身がお元気でいないとね。ひょっとして甥御さんに面倒み
     て貰おうと思っていたのに、子連れ結婚したことが不服で一
     言言いたかったのではありませんか。先のことが不安になり
     電話するきっかけが欲しかったのですね。それには触れずに
     素直に『元気か』と話してみればいいではありませんか。甥
     御さんの幸せを祝ってあげてください」
      二児の父親の先は長いです。頑張ってください。



2014. 3.19 非番の日、所用で名古屋駅前へ行ったついでにユニモ-ル
     の開運館に寄ってみました。その日の鑑定師は一人だけで既
     に客で埋まっていましたが、前を70代後半の男性が行き来
     している様なので一声掛けてみました。
     「鑑定をご希望ですか」
     「はい。これからの事を聞きたいと思って」
     「そうですか。私もここの鑑定師の一人ですが、あいにく今
     日は鑑定する日ではないので、少しお待ちいただければあの
     先生に鑑定していただけます」
      そう言った途端、「私も独り者で寂しい。お茶でもどうで
     すか。そこで鑑定して貰いたい」
     私はびっくりして「急いでいますので失礼します」と言って
     その場を離れましたが、後で聞くと朝からこの辺を歩き回っ
     ていたそうです。
      そういえば開運館がまだテルミナにあった頃、95歳のおじ
     いさんが私の所へよく鑑定にお越しになりました。歳の割に
     はお元気で、若い女性に声を掛けていました。最近は全く音
     沙汰なしですが、如何されているのでしょうか。



         ←← Homeへ ← 戻る PageTopへ↑  

2010. 1. 11 恋愛の末、結婚にゴールインすることは本当に幸せ