志英の独り琴 2014年2015年1-2 3-4 5-6 7-8 9-10 11-122016年
2015.10.26  少し早めに鑑定が終わった午後、我が家の愛犬プウヤ
     (トイプードル)を抱いて外に出ていると、犬好きの奥様
     が声を掛けて近寄って来ました。プウヤは見慣れない人が
     近づくと吠えますが、直ぐにおとなしくなります。
      「私の所も犬を飼っていたけれど、団地で近所迷惑にな
     るので主人がすごく叱ったの。それからは全く吠えなくな
     ったのよ。でも泥棒が入ったのに全然吠えなかったのには
     参っちゃった」
      そう言えば、以前お隣近所に泥棒が入ったのに、我が家
     は被害に遭いませんでした。普段は気付きませんがいつも
     家の中にいて、事務所や玄関を守っていてくれるのでしょ
     う。プウヤのお陰です。





2015.10.22  先日のことですが、人の心を傷つける言葉と噛み合わな
     い対話を体験しました。
      30歳少し前の男性が私のブースに入ってみえました。
     いつもの様に自己紹介した後に生年月日をお聞きすると、
     「鑑定をさせていただいて宜しいでしょうか、と聞かない
     の」と指摘されました。その通りに言い直した後、生年月
     日から性格や今の状態などを話しましたら、
     「自分のことは全部そのとおりだから、そんな事を聞かさ
      れても面白くない」
     「今初めてお会いしましたから、普通はそこから始めます
      よね」
     「全部当たっているから、すごい先生だと言われたいの」
     「何を占いたいのですか」
     「別に、占って欲しい事は何もない」
     「私は貴方を満足させられない未熟な鑑定師ですから」と
      丁重にお引取り願いました。
     予約してからいらっしゃるお客様に慣れている私とって戸
     惑いと悲しい10分間でした。1時間、2時間話しても解
     り合えなかったでしょうね。
      多分、ご両親もお困りの事でしょうね。こんな事は初め
     てです。悲しい1日でした。 



2015.10.13  2ヶ月程前のことですが、私のお客様がお友達を連れて
     挨拶にいらっしゃいました。そのお友達はなかなかのイケ
     メンでしたので、どんな人かお聞きした所、俳優さんであ
     ることが分かりました。10月から始まるメーテレ(地元
     テレビ局)の深夜ドラマ「三人兄弟」に弁護士役で登場す
     る「宮田せいじ」さんとのことでした。
       昨夜がその第1回の放映日がでした。少し前からメーテ
     レの番組の中で予告がありましたので「必ず見なければ」
     と思っていた矢先、夕方そのお客様が宣伝用のチラシを持
     っていらっしゃいました。
     「見ますよ。他のお客様にもお知らせします」
     「有難うございます」
      水谷豊さん主演の刑事ドラマ「相棒」の中の鑑識係でお
      馴染みの六角精児さんが、このドラマでは主役です。
       全10回で完結するそうです。弁護士は最終回での登
     場が多いことも聞きました。私も当然見ます。皆さんも少
     しだけ夜更かしするか、録画してぜひご覧ください。



2015.10. 7  父が創業した会社を受け継いで経営を続けてきた彼女
     は現在70歳。60歳の時に会社を畳むつもりでいたので
     すが、従業員と家族のために簡単に止めることは出来ない
     事にはたと気付きました。以来ずるずると今日まで続けて
     来てました。
      「あと5年で世代交代をしなくてはいけませんね」
          ご子息は苦労したくないとして継ぐことを避け、ご自身で
     ネットによる仕事をされています。
     「今会社で働いている従業員を含めて次の人材を探しまし
     ょう」と提案したところ、先日名簿を持参のうえ再度ご相
     談にみえました。その中から何人かの適任者を推薦してあ
     げました。
     「やっぱり長い間私がみてきたそのままをズバリ言われま
     した。誰を後継者にしたら良いか、判りました」
     「あとは下につける人を決めることですね」
     「また相談に来ます。当面は頑張ります」
      とにかく世代交代の人事は大変です。会社にとって最も
     重要なことですから。



2015. 9.28 少し前のことですが、働いた経験のない20代半ばの青
     年を関係先の会社にお願いして採用いただいたことを書き
     ました。
       あれから3か月。どうしているか、皆さんにご迷惑をか
     けていないか、少なからず気懸かりでしたので、恐る恐る
     社長様に電話してみました。
     「なかなかまじめで一生懸命やっていますよ。素直な性格
     で、若いから覚えも早い。皆から大切にされています」
       その一言を聞いて、まずほっとしました。直ぐに依頼元
     である彼の伯母さんに電話しました。彼女も近くを通った
     際、顔を見にアパートに寄った所、その変わり様にはびっ
     くりしたそうです。遠く離れた実家の皆さんも大変喜んで
     いるとのことでした。
      さらに最近、主人も電話したそうです。すると「仕事が
     変わって、一つの仕事をまかせられました」と元気な答え
     が返ってきたそうです。補助の仕事から一段階「昇格」し
     たのでしょう。もう、安しても良さそうです。



015. 9.21 彼女はやっと素敵な男性に巡り会うことができました。
     しかし、どうしてもそこから先へ進むことができません。
     些細なことまで心配してしまう心配性なのです。
      そんな娘のことを思って母親は結婚を許しませんでし
     た。彼女は母親と揉める度に何回も半泣き状態で相談にみ
     えました。その度に気持ちを確かめ、何度も背中を押して
     来ました。
      その甲斐あってか、何とか結婚にこぎ着けることが出来
     ました。そして、まず籍を入れました。新居は家相が良く
     引越しするのに良い方位の部屋に決まりました。
      あとは結婚式です。「家族旅行を兼ねて北海道に行って
     挙げてきます」と笑顔で挨拶にみえました。
     「 おめでとうございます。大丈夫ですよ。自分の人生は
     自分で切り開いて進むもの」。彼女は初めて自分の人生と
     いう舟の舵を握り始めました。
      自分の気持ちを貫き通して本当によかったですね。



2015. 9.14 土曜日のサンロードでの出来事です。70歳を少し過ぎ
     たくらいの奥様が、年下でご主人らしき男性の押す車椅子
     で入ってみえました。そしていきなりです。
       「私は鑑定所粗探しです。もう数え切れない程の人に占
     って貰いました。貴女はどんな鑑定が得意ですか。どんな
     気持ちで鑑定しているのですか」
     まるで入社前の面接を受けている様でした。ひと通りお答
     えすると「ああ、やっと捜し求めていた人に出会えた」と
     すぐさま鑑定に入りました。しかし、約束の30分を過ぎ
     てもお帰りにならないのです。心開いていただけたのか、
     言葉が次から次へと機関銃の如く出て止まらないのです。
     「すみません。また、お聞きしますから」と言っても席を
     立とうとされません。入り口には顔見知りのお客様が行き
     来して待っておられるのが分りましたので「ごめんなさ 
     い。お時間ですから」と車椅子に手を掛けてお送りしまし
     た。
      余程寂しかったのでしょうね。あんなに頑なだった奥様
     が、明るい声で「また来ます」と言ってお帰になったので
     すから。結局、外のお二人は待ちきれずお帰りになりまし
     たが、後でお電話をいただけました。



2015. 9. 7 60代半ばの男性は母親と二人暮らし。ずっと独身を続け
     てきましたが、少し前に母を亡くし土地を相続したのです
     が、一人ぼっちになってしまいました。
      「土地を活かして不動産の賃貸業をやりたい」
          「今の所に賃貸マンションを建てるの。長いこと仕事をし
     てきたので年金が入りますよね。ダメダメ、そんな田舎に
     建てたりしては。建築会社の言いなりになってはダメで
     す。マンションを建てても借金だけが残って大変なことに
     なりますよ。どうしても欲しかったら一棟ではなく、町中
     の良い所に一部屋を買うことから始めてみてはどうです
     か。やりながら少しずつ勉強するんです」
      一人暮らしの高齢者を狙った結婚詐欺や振り込め詐欺が
     横行しています。賃貸マンションは詐欺とは違うかもしれ
     ませんが、業者から「長期間家賃収入を保証するから」と
     持ちかけられて建築する人が相次いでいるとの報道もあり
     ました。
      しかし、先の事はわかりません。倒産すれば終わりで
     す。そういう時は別の専門家に相談することですね。



         ←← Homeへ ← 戻る PageTopへ↑  

2010. 1. 11 恋愛の末、結婚にゴールインすることは本当に幸せ