志英の独り琴 2015年2016年1-2 3-4 5-6 7-8 9-10 11-12→2017年
2016. 2.29  私の事務所の近くにタウン情報誌を発行している会社が
     あります。1ヶ月程前のことですが「大通り沿いの商店を
     対象に特集を組むから協賛していただけませんか」とのお
     話がありました。紙面の小さい枠に販促広告を入れて欲し
     いというのです。
      仕事をするからには集客が必要です。今の仕事を始めた
     頃は電話帳に広告を入れたものです。しかし今はネットの
     時代です。HPはもちろん他のサイトにも出しています。
     JR名古屋駅のコンコース沿いには顔入りのパネルが出て
     いますのでご覧になった方もいらっしゃることでしょう。
      これらは年中働いてくれていますが、タウン誌は期間限
     定のスポット広告です。効果も限定的と思って以前から広
     告を載せる気にはなりませんでした。      
      ところがこの数年、近所のお客様が少しずつ増えてきま
     したので、認知度のアップと販促効果を期待して話に乗っ
     てみることにしました。
      我が中村区で約6万部が配られているとのことですが、
     どんな反響があるか楽しみです。



2016. 2. 8  40代前半の彼女は小学生の子供3人を連れて離婚しま
     した。原因はご主人に愛人できたからです。3年間も浮気
     を続けてきましたが、彼女は全く気が付きませんでした。
     愛人はご主人よりかなり年上だそうです。
      ある日突然「金を払うから離婚してくれ」と一方的に言
     われました。彼女には何の落ち度もないのに。強引でただ
     ただ怖いばかりでした。これ以上続けても意味がないと考
     え、応じることにしました。
      さて、離婚したら気が随分楽になりました。もう二度と
     結婚はしたくない、こりごりだそうです。離婚したことで
     子供の人生を狂わせてしまったのではないかと悩んでいま
     す。しかし、結局は離婚して良かったと思いました。ずっ
     と騙され続ける方が遥かに悲しいと思えるようになりまし
     た。
       「やっぱり離婚は正解だったのですね。救われました。
     明日から頑張ります」
     大きな瞳から涙が溢れていました。



2016. 1.25  20代後半の若夫婦がいらっしゃいました。奥様とその
     お母様は時々お越しになっていましたが、ご主人とはほぼ
     10年振りの再会でした。
       「あれ『すっかり、おじさん』になっちゃいましたね」
     すかさず苦笑いが返ってきました。
            思い起こせば当時、お母様のお誘いでファミレスに出向
     いた時、高校生の娘さんの隣で座っていたのが、まだあど
     けなさが残る彼でした。娘さんとはその後もお付き合いが
     続き、何年か前に結婚されました。      
       彼のことは結婚後もお母様や奥様を通して伺っていまし
     た。同年代の方には失礼かもしれませんが、年齢に似合わ
     ず大変しっかりしていらっしゃいます。今回は仕事のご相
     談でしたが、近いうちに解決されることでしょう。
      ところで、お帰りになった後10年振りの私を見て彼は
     何と思ったのか少し気になりましたが、「すっかり、おば
     さん」と思うことにしました。



2016. 1.22  先日は風水・家相講座の講師を務めてまいりました。
     毎年2回程度ですが、一宮市に店を構え「近所のリフォー
     ム屋さん」としてお客様から厚い信頼を寄せられているブ
     ランシュールさんのお招きによるものです。
      当日は社長様が用意してくださいましたテキストを基に
     和やかな雰囲気の中でお話を進めさせていただきましたが
     とりわけ、参加者皆様の生年月日を基に用意しました開運
     カレンダーの話になりますと一層盛り上がりました。
       なにしろ、ご自身の「今日はどういう日か。どんな事に
     注意したら良いか、一言で分かりますので、どうしても気
     になります。たくさんのご質問をいただき予定時間をオー
     バーするほどでした。
      さて、ブランンシュールさんのHPを拝見しますと「住
     まいの講座」の他にも「趣味の教室」やイベントも企画さ
     れています。ご近所の方や関心のある方は一度参加されて
     は如何でしょうか。きっと得るものがあると思います。私
     も参加者の立場でお邪魔できたら、と思っています。



2016. 1.11  1年ぶりにみえた70代の男性は「鑑定はして貰わない
     けどちょっと顔を見に来たよ」と、立ったままスマホを出
     して「僕の女房を見たいか」と言って若い頃の写真を何枚
     か見せてくださいました。
      見てびっくり、武井咲似の超美人でした。ついでに「妻
     21歳、自分25歳」と言って二人並んだ写真も見せてい
     ただけました。
      「奥様の今の写真を見せてください」とお願いしたら
     「70歳を過ぎて毎日文句ばかり言っているから嫌にな
     る。ストレスも溜まる。そんな時はスマホの昔の写真を見
     るんだ。あの頃は良かった。妻も綺麗だったと想うことで
     腹が立つのも忘れるのだよ」
      そう言えば、お正月のTV番組で若かりし頃の石原裕次
     郎が「銀座の恋の物語」を歌っていました。昔の裕次郎は
     素敵でした。男性も昔の妻からそんな気持ちを貰っている
     のでしょう。



2016. 1. 5  そのご夫婦は何年も病院に通いましたが、子供が出来な
     いためずっと悩んでいました。ある人から「一度行ってみ
     たら」と紹介されて私を訪ねていらっしゃいました。
      「体外受精に切り替えた方が良いかもしれませんね。何ヶ
     月かしたら妊娠し易い時期に入りますから」
        あれから何ヶ月経ったでしょうか。今日再びお揃いでお
     みえになりました。
     「7ヶ月目に入りました。占い通り妊娠しました。今度は
     命名をお願いします」      
     「占いって当たるものですね。妻がこんなに嬉しそうな顔
     をして。去年とは全く別人のようです」と大笑いになりま
     した。
      まさに新年に相応しい、おめでたく嬉しい幕開けとなり
     ました。




2016. 1. 1 新年明けましておめでとうございます。
     今年は丙申(ひのえさる) 二黒土星
     納音(なっちん)は山下火(さんげか:山裾で燃える火)
      これからの頑張りが形になって現れる年です。
     目先のことにとらわれず、何を目標にするのかしっかりと
     見据えて正しい判断をしながら進んでいく年です。
     今年1年のご活躍とご多幸を心よりお祈り申し上げます。





         ←← Homeへ ← 戻る PageTopへ↑  

2010. 1. 11 恋愛の末、結婚にゴールインすることは本当に幸せ