志英の独り琴 2017年2018年1-2 3-4 5-6
2018. 6.18  先日、地元東海テレビの「スイッチ」という朝の情報
          番組の中で、ピンクのドレスでお馴染みの阿佐ヶ谷姉妹を
     鑑定して欲しいと、開運館から依頼されました。
      収録当日、お二人と30分ぐらいお話しした後、「今日
     の運勢は?」と聞かれましたので、易を立ててみましたら
     片や「沢地翠(たくちすい)」、片や「水風井(すいふう
     せい)」という卦が出ました。
      「翠(すい)」は集まる、即ち人が集まって大いに豊かに
     なるという意味です。「井(せい)」は清く澄んだ井戸の
     こと。人は水のある所に往来し集まるという意味です。井
     戸は万人を養うという意味もありますので、井戸の様な心
     が必要ということで、「今日は人が集まって来る良い日で
     す。美味しいものを食べながら、ひらひらと踊り歩くと良
     いですよ」とお答えしました。
            鑑定士仲間の一人が、たまたま近所の地下街を歩いてい
     て、阿佐ヶ谷姉妹が地下街を踊り歩く姿を目撃したらしく
     先週金曜日(15日)のテレビ放映を見て初めて理由が
     判ったと電話で教えてくれました。
       今回、阿佐ヶ谷姉妹に初めてお会いしましたが、その人
     柄ゆえに誰からも愛されるのでは、と関心しました。いつ
     の日かまた、お会いしたいと思います。



2018. 6.11  先月の下旬のことです。不動産売買の仲介業をしている
     主人から、残金決済(引渡)するのに良い日を教えて欲し
     いと頼まれました。不動産取引では「契約」後、暫く日を
     おいてから「引渡」するのが慣行だそうです。売主様や買
     主様のご要望があれば、私がそれぞれの星回りを見て、日
     柄の良い日をお答えするようにしております。
       今回は「引渡」として、売主様のご希望で6月6日また
     は12日の提示がありました。6日は売主様にとって問題
     なかったのですが、買主様にとっては「難」がありました
     ので、12日が良いとお答えしました。
       私の仕事はそれまでですので、その後のことは忘れてお
     りましたが、つい先日その買主様からお急ぎの電話があり
     ました。「体の具合がひどく悪いので、どの方位の病院が
     良いか、教えてください」
          そう聞かれてハットとしました。その日は「難あり」とし
          そして、引渡の日がやって来ました。日時は明日12日
     午前10時。奇しくも史上初の日朝首脳会談の始まりと同
     じです。引渡は普通に終わるでしょうが、果たして首脳会
     談の行方はどうなることでしょう。



2018. 6.10  十何年前に見て貰ったとおっしゃる女性が、お友達の結
     婚と引っ越し先の方位をみて欲しいと、一緒にお越しにな
     りました。
      お友達の鑑定がひととおり終わった後、彼女のスタイル
     の良さに改めて感心していましたら、初めて私をお訪ねに
     なった時のことを話してくださいました。
      「結婚して移った先で夫婦関係が悪くなり、離婚した挙
     句、乳癌になってしまいました。その時、吉方位に引っ越
     すことを教えて貰い、迷った末に引っ越した所、素晴らし
     い先生に出遭うことができました。癌を取り除いて乳房を
     再生することに成功し、今日まで来ることができました」
       乳房を取ったことは外からは全くわかりません。自ら志
     願して胸の写真を公表し、年に何回もテレビに出演してみ
     えるそうです。大変つらいことでしたが、耐えたお蔭で女
     優さんのような美しい体を維持できていると喜んでみえま
     した。
       そのお言葉で十何年前に思いを馳せ、幸せになれるお手
     伝いができて本当に良かったと思いました。



2018. 5.31  先日は我が家の愛犬プウヤ(トイプードル)の誕生日で 
     した。生まれて1ヶ月後に親兄弟のにおいのついた毛布に
     包まれ、身の丈ほどの縫いぐるみと一緒に「婿入り」して
     来て早や11年。
      初めのうちはどのように世話をしたら良いか分から「実
     家」のブリーダーさん聞いたり、飼育本を読んだりしまし
     た。しかし、世話するうちに独りでに分かってくるもので
     す。信頼関係もできてきました。
       最近ではすっかりコミュニケーションが取れるようにな
      り、餌を欲しい時は左前足でトントンとトレイを叩きま
     す。知らん顔していると、吠えて請求します。膝の上に載
     せて欲しい時は両前足を掛けて催促します。ソファーに腰
     をおろすと、待ってましたとばかりに膝に駆け上がってき
     て、楽な姿勢で横たわり、自分からは動こうとしないので
     す。
      人生ならぬ「犬生」も2/3は終わりました。あと5年
     生きれば長い方かもしれません。これから色々な病気も出
     てくることでしょう。仕事しながら世話をするのも益々大
     変になりますが、天寿を全うするまで大事にしてあげたい
     と思うこの頃です。



2018. 5.29  妻は不倫して、小学生の子供を残したまま家出しもう何
     年にもなります。妻は夫の給料が振り込まれる通帳と印鑑
     を持って出てしまったので、夫は現金を手にできないので
     す。妻からほんの小遣い程度の額が別口座に振り込まれる
     のですが、その程度では何ともなりません。見るに見かね
     たお友達が子供の将来を心配して、夫を連れていらっしゃ
     ったのです。
      子供に動揺を与えまいと我慢されているのか、解決方法
     が分からないのか、状況は一向に変わっていないのです。
     その場で弁護士に電話して直接話して貰い、取りあえず給
     料の振込口座を変更して様子を見ることにしました。
      ところで、不倫には至らないものの、家計を全て任せた
     結果、内緒で一部を自分の隠し口座に移したりしている妻
     がなんと多いことでしょう。そんな話をよく聞きます。
     「知らぬは亭主ばかり」なのです。そうならないよう、
     夫は時に少し引いた目で家計を観察することが必要では
     ないでしょうか。



         ←← Homeへ ← 戻る PageTopへ↑  
 

2010. 1. 11 恋愛の末、結婚にゴールインすることは本当に幸せ